フォードのブログ

理系大学院生のブログです。

2021年02月の読書記録

去年の今頃は修士論文に追われていたが今年の2月は仕事に追われていた.今月も技術書をほとんど読めなかったことを反省し,いまは「Real World HTTP」を読んでいる.そんな2月の振り返り.

技術書編

プロになるためのWeb技術入門

2010年くらいのほんということもありCGIとかが出てきて内容が古い印象.ソースコードjavaphpだしjava serverletとか今使ってるのだろうか.セキュリティの項目は今でも有用かもしれないがこの本以外にまとまった良い本があるだろうし.

その他

民主主義の死に方

憲法に明文化されていないことでも社会的慣習として残っている規範や相互的寛容,組織的自制心が民主主義が機能するための柔らかいガードレールとして必要ということが書かれている.国内の格差が広がる中で規範などをかなぐり捨てて有権者におもねるようになった結果がトランプ旋風ということかもしれない,共和党の上層部まで支持したのは今までの規範が緩んでいるとのこと.法律に書いてないことは何をやってもいいという考えは社会を腐らすのだなということがわかるものの,では法律に書いていないようなことをどうやって制限するのかは結局ここの良心に任されていて脆い仕組みだとも思った.

人口と日本経済

古代ギリシャのポリスも人々が裕福になって少子化になって衰退したというのは日本と繋がる部分がある.筆者は人口が減少する中でも経済成長は必要と主張していて,イノベーションで生産性をあげればいいと言っているが肝心の生産性の上げ方などが書かれていない.終身雇用とそれに連動した新卒一括採用を前提にした日本で生産性をあげるのは難しいと個人的には感じる.

テクノロジーは貧困を救わない

テクノロジーは貧困を救わない

テクノロジーは貧困を救わない

テクノロジーでは有能な教師の不在を穴埋めできず貧困を救わないという残酷な本.安価なPCを途上国に配る計画は高校の頃に読んだ記憶があるがPCを配られてもSNSや娯楽に使うばかりで対照群に比べて教育効果があったわけではないという.日本でもスマホで情報にアクセスできても実際に勉強に使う学生が多くないのと同じようなものか.

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた

不必要なものをできるだけ削ぎ落とそうとするジョブズと似たものがありつつ自転車からゲーム機が落ちても壊れないような試験をするAppleとは違うことをやったりする.ただどちらもお客さん目線というのは似ているのかもしれない.他人は違って当たり前でその上で違う強みを生かしていこうと思っている人が上に立っている企業はいい企業なのではないだろうか.

デジタル化する新興国

工業化とは別の話でIT化は進むので今の先進国の方がITに関しては革新的なサービスがあるとは限らないということがわかった.アフリカの方が固定回線を飛び越えてモバイル回線が普及したみたいな話.ただ事実の羅列で新しい視点とかはなかった.

新たなマイノリティの誕生

私はレイシストではないという枕詞が声を奪われた白人労働者の自分たちの話を聞いて欲しいという悲痛な叫びだという言葉はそうかもしれないと思った.インタビューの結果がたくさん載っていて産業が空洞化した工業都市に残された人々の声が聞こえてくる.

ポピュリズムとは何か

民主主義には立憲民主的側面と直接民主主義的側面の対立構造があり,権力の抑制構造と人民の意思表示を重視する考えが対立している.ポピュリズムは後者を重視していて,政治エリートに対する批判や彼らに自分たちの声が聞いてもらえないと考える置き去られた人々の支持を集めている.ただそういった置き去られた人々を近視眼的だと批判し見下している限り国民の意思の統一も難しい.

友情

友情 (岩波文庫)

友情 (岩波文庫)

主人公野島はプライドが高くて杉子に恋をするが杉子は野島の親友の大宮のことが好きで最終的に杉子と大宮は結婚する.大宮は罪滅ぼしにヨーロッパの雑誌に野島の作品をのせる,野島はいつか対等に向き合えるようになることを誓う,というのがあらすじ.三角関係でプライドの高い主人公の独りよがりな恋愛感情がなぜ名作と言われるのかよくわからなかった.

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル に合格した

タイトル通り AWS Certified Solution Architect - Professional (SAP) に合格した.勉強方法などをまとめておく.

SAP について

試験ガイドによれば試験に出題される内容は以下の五つ: - 分野 1: 組織の複雑さに対応する設計 12.5% - 分野 2: 新しいソリューションの設計 31% - 分野 3: 移行の計画 15% - 分野 4: コスト管理 12.5% - 分野 5: 既存のソリューションの継続的な改善

ざっくりいうと分野1はマルチアカウントでサービスをどのように構成するか,分野2と5ではソリューションの設計及び改善,分野3ではオンプレとのハイブリッド構成やマイグレーション,分野4ではコストについて聞かれる. 自分はAssociate 資格二つ(SAAとDVA), Security と Data Analytics の Speciality を持っている状態でSAP にチャレンジした.

勉強に使ったもの

Linux Academy

Linux AcademyのSAP対策コースを流し見した.動画を見る限りSAPで問われるAWSサービス自体はSAA, DVAなどとそこまで大きくは違わなくて,自分が特に苦手なマイグレーション系のサービスとネットワーク系のサービスについてはより重点的に勉強した感じ.先にSecurity Specialty に合格していたのでマルチアカウントでの監査などについて知識をつけた状態でスタートできたのが良かったように思う.

SAP の対策本

この本は最初の方でサービスの概要を簡単に説明した後ひたすら具体的な問題が続き最後に模擬試験が一回分ついている.SAPの試験はサービス名やサービスの機能をこたえて終わりという問題はあまり出ないのでこういう具体的な問題をたくさん解く経験は合格に直結したと思う.ちなみに模擬試験の結果は正答率73%だったが本試験では830点くらいで合格したので,模擬試験は難し目の難易度設定になっているように感じた.

マネジメントコンソール

RDSを使っていて別リージョンにデータを移行するにはどうするか,クロスアカウントでS3バケットを共有するにはどうするかなどは実際にコンソールを見て試してみた.試験に合格するのが目的ではなくて最終的に正しいサービスの選び方や使い方を身につけるのが目的なのでなんだかんだコンソールを触ることが大事.

終わりに

次はDevOps Engineer Professional にチャレンジしたい.

2021年01月の読書記録

新年が始まったもののすぐに緊急事態宣言が出たので去年4月くらい引きこもっていた月だった.去年はわりと毎月技術書も読んでいたが今月はAWS SA Pro試験を受けることにしてその勉強をしていたのでほとんど技術書は読めなかった.来月以降もAWS資格試験を受ける予定なので技術書を読めるのはもう少し先になりそう.

技術書編

Amazon Web Services ネットワーク入門

2016年の本かつネットワークに特化しているため仕方ないものの,内容がVPCのなかにwordpressが動くEC2とMySQLが動くEC2を立てるだけというのは物足りない感がある.

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド

アソシエイトレベルのサービスが結構網羅されていて構築の仕方なども書かれているのが満足度が高かった.Cognito, API Gateway, Lambdaなども解説されているもののDynamoDBがないのがちょっと勿体無いかも.それでもVPCの中で三層構造のwebサービスを構築する,S3+CloudFrontで静的コンテンツを配信する,API Gatewayを使ってAPIのエンドポイントを作るなど様々なパターンの構築の仕方が解説されているのはありがたい.

AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル~試験特性から導き出した演習問題と詳細解説~

最初にサービス紹介があった後実践的な問題と一回の模擬試験が収録されている.本番に比べてこの本の方が難しく感じた(問題の文章も本題はもう少し短い気がする)もののおかげで模擬試験の正答率が73%でも本番に合格できたので満足.

その他

シルバー民主主義

シルバー民主主義の問題が書かれているものの社会保障費に関する話などどちらかというと高齢化問題に関する話も目立つ.世代間格差を埋めるために例えば若年層の一票の重みを重くするなどは良いアイデアだと思ったがポピュリズムとのバランスが難しそうだ.

国家と移民

アメリカはシンシナティにあるフリーダムセンターで奴隷労働の実態を展示して自国の負の歴史を展示する懐の広さがある一方で日本はメンツに拘ってばかり.技能実習生の実例も多く載っていて日本のことを恥ずかしく感じる.少子化が続く日本ではこのまま人口が縮小するのを座して待つか移民を受け入れて人口減少を遅らせるかが考えられるものの,日本に移民したがる人間が果たしてどれだけいるのだろうと思ってしまう.

物語 東ドイツの歴史

第二次世界大戦後から東西ドイツ統一までの東ドイツの歴史にフォーカスしている.冷戦期から西ドイツと比べて経済的に立ち遅れていたところに東西ドイツ統一を急いだためいまだ東西格差が残っているようだ.

東條英機

東條英機の一生だけでなくそれを通して旧日本陸軍がなぜ太平洋戦争に進んでいったかも垣間見れる.国民の不満が体制の崩壊につながった第一次世界大戦前のドイツの教訓から国民の目を気にしていたというのが中国から撤退できなかった理由の一つとしてある.東條英機自身は政治家軍人で陸軍の権益を主張し続けた人間だったと言えそう.

人口減少時代の都市

戦前大阪市富山市といったまちづくりの財政的成功例がありつつも人口減少時代の都市計画は難しそうだという印象.人口が減少していく中ですべての市町村が発展することは不可能でどこで再分配するかが課題になるときに,撤退戦が苦手な日本で意思決定できるか不安.

ウォール街の物理学者

物理学者が経済学にどのように関わっていったかの話.ランダムウォークの概念を考えたフランスの数学者ルイ・バシュリエやモンデンブロなどなど.今となっては経済物理という言葉もあるくらいだが昔は物理や数学と経済学はかけ離れていたらしい.

中国の行動原理

中国の家族制度(父親に権力が集中する,日本のように長男がすべてを相続するわけでもない)と共産党などの統治機構との関係など面白かった.中国の外交政策が一貫していないように見えるのは中央政府の観心を買おうという各機関の勢力争いという見方もある.これはアメリカなども同様なのだろう.

戦前日本のポピュリズム

大正デモクラシーというのはポピュリズムに絡めとられていくきっかけだったのではと思ってしまった.不正確な情報に基づいて売り上げのために過激な主張をするジャーナリズムによって軍部が引っ込みがつかなくいっていった結果和平を決断できず開戦と言う博打に出たのが太平洋戦争だったのだろう.日本のメディアが不正確な情報に基づいて世論を先導しているという戦前の嘆きは今にも当てはまると思う.

消費するアジア

国という単位で見るのではなくバンコクや上海などのメガリージョン単位で所得水準などを見るべきという話は一つの統計量に固執するのは良くないというよくある話を彷彿とさせる.この本は2011年の本でこの頃は東京がアジア唯一の国際メガリージョンだったのだなと思った.

2020年12月の読書記録

2020年が終わろうとしている.今年は帰省することもなく一人暮らしの家で年を越しそうだ.今年最後の読書記録.

技術書編

MySQL徹底入門

MySQLの入門書だが内容がとても詳しく,SQLはそこそこにレプリケーションやバックアップの取り方なども書かれている.マネージドサービスでMySQLは触ることが多いがこういったオンプレで運用するときの仕組みを知ることでリードレプリカやバックアップの仕組みを知ることができた.各種プログラミング言語からMySQLに接続する方法が書いているのもありがたい.Python, Go, Ruby, Java, PHP, Perlなどが書いている.

本気で学ぶLinux実践入門

タイトル通り本気で学ぶことになると思う.クラウドではなく自前でLinuxサーバーを運用するためにインストール方法からコマンド,ネットワークの設定,ユーザー設定,ストレージ設定など内容は盛りだくさん.kernel bootの仕組みなども書かれていて初見で読んだら大変そう.とは言え今までの知識でだいたいカバーされていて良かった,合わせてクラウドだと運用負荷が下がるのはその通りだなと感じた.

SQL実践入門

SQL実践入門──高速でわかりやすいクエリの書き方 (WEB+DB PRESS plus)

SQL実践入門──高速でわかりやすいクエリの書き方 (WEB+DB PRESS plus)

  • 作者:ミック
  • 発売日: 2015/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

実行計画をみてより効率的なSQLを書くにはどうすればいいか具体的に教えてくれる(for文などで複数のSQLを実行しないとかcaseで場合分けしようとか).どのようなデータ構造を裏で使っているかなどの話もあってよかった.

その他

AI vs. 民主主義

オバマ陣営がSNSを駆使して選挙資金を集めたことは知っていたが,今度はトランプ陣営がマイクロターゲティングによって逆襲を果たしたということらしい.アメリカは選挙人を選ぶことで大統領を選ぶので接戦の州の特定の地域に住む人間からある政党を支持しそうな人間を推定して広告を出すことが有効ということか.トリニダード・トバゴでの世論操作の実験など恐ろしいことが多いが,民主主義の成立する条件として他者の意見に晒されていることというのが示唆的だった.

欧州分裂クライシス

欧州各国のポピュリスト政党がなぜ得票数を伸ばせたのかが解説されている.brexitがおこったイギリスやドイツなど.結局難民受け入れなどは経済が好調な状態でもキャパがありそれを超えた受け入れは反発を招くということで,移民受け入れを叫ぶ人間は偽善だと思う.

2020-2030 アメリカ大分断

政治制度と経済制度のサイクルがありそれらが交差するのが2030年ごろになるという主張.アメリカの分断が進んでいるという主張はよくみていてまとめのようでよかった.

独ソ戦

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)

独ソ戦ドイツ国防軍は善戦したとかソ連軍は善戦したとかいろいろ言われているが,実は双方緒戦で消耗していったことがわかる.ドイツの場合は国内事情なども知らなくて勉強になった.

アカマイ 知られざるインターネットの巨人

技術書というほど技術的な本ではないもののCDNの簡単な仕組みやアカマイのSureRouteを使った高速データ転送サービスなどが解説されている.

AWS 認定 Developer Associate に合格した

タイトル通りAWSのassociate資格の一つ Developer Associate に合格した.簡単に何を勉強したかなどをまとめておく.

背景

4月に新卒入社してから仕事でAWSを触っていて,実は6月に Solution Architect Associate に合格していた.それから放置していたが周りが結構資格を取っているので慌てて資格を取ることを決意.ちょうど年末で比較的勉強の時間が取れそうなので年越し前にとってしまおうと12月頭に試験の予約をした.ちなみにテストセンターで受験した(コロナの感染者が増えているのでよくないとは思っていたもののオンライン受験はネットワークの不具合などでリスケになるケースを複数聞いていたので最終的にテストセンターに出向いて受験することにした).Developer Associate は1000点満点で合格点は720点と書かれていて,配点などはわからないもののざっくり75%正答すれば合格すると思う.

勉強したこと

基本的にCloud GuruLinux Academyの対策動画を見て勉強した.クラウドサービスはアップデートが激しいので有料だとしてもこうした対策動画を見る方がいいと思う.あとはblackbeltのスライドとか.これらをみて出題されそうなのは以下のサービスだなとあたりをつけた.

  • DynamoDB
  • Lambda
  • CodeCommit, CodeBuild, CodeDeploy, CodePipeline
  • SQS
  • StepFunction
  • Cognito
  • X-Ray
  • Kinesis
  • CloudFormation
  • CLI
  • API Gateway
  • CloudFront, S3

あとは当たりをつけたサービスを実際にコンソールで触ってみて感覚を掴んでいった感じ.特にDynamoDBはGSIとLSIの違いやQueryとScanの違いなどを実際にデータを入れてみてCLIなりSDKなりから試してみたり,Lambda関数を実際にデプロイしてみたり,CodePipelineでパイプラインを作ってEC2なりECSなりにデプロイしてみることで設定項目を確認した.やはりコンソール画面から設定項目を確かめてみると実際の試験でも自信を持って答えられるなと思った(時間を捻出してサービスに触ってみるのが仕事との兼ね合いで一番難しいわけだけど).

模擬試験と本試験の結果

先述したCloud GuruにもLinux Academyにも模擬試験がついているしAWS公式の模擬試験もある(AWS公式の方は以前associate試験に合格していると無料になるクーポンがあるのでおすすめ).さらにWhizlabsというサイトにも複数模擬試験があるので本番前に感覚を掴むには困らない.本試験と合わせて各模擬試験の点数は以下のような感じだった.

  • 公式模擬試験: 50%
  • Cloud Guru の模擬試験: 78%
  • Linux Academy の模擬試験: 95%
  • Whizlabsの模擬試験: 83%
  • 本試験: 950点

各模擬試験と本試験にはだいぶ難易度に差があると感じた.あくまで体感&Developer Associateに限った話かもしれないが難易度は 公式模擬試験≒Whizlabs > Cloud Guru > 本試験 > Linux Academyなイメージ.とりあえず合格してよかった.

最後に

資格の勉強をするよりコードを書いている方が楽しいものの資格勉強によって知識の幅が広がっているのも事実なので配分が難しい.

2020年11月の読書記録

最近は体感でも寒くなり,関係があるのかわからないが新型コロナの感染者数も急増している.会社の懇親会も中止となり4月頃のような気持ちになってきた.そんな11月の読書記録.

技術書編

プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門

GCPのグローバルネットワークからプロジェクトの作り方など初めて読むにはいい本だった.GAEでアプリをデプロイしたりDNSロードバランサーで負荷分散したりGKEでコンテナをホストしたりと内容は盛り沢山だがクラウドに初めて触る人が消化できるのだろうか.

しくみがわかるKubernetes

タイトル通りKubernetesの各コンポーネントや概念についてわかった気がする.このように本で学ぶとコントロールプレーンに何があるかなどがわかりやすかった.マニフェストを書いて動かしてはいないので時間を見つけてデプロイしたい.

その他

免疫の意味論

免疫の意味論

免疫の意味論

自己と非自己を峻別する免疫についての本.ウズラの脳が移植されたニワトリというキメラ動物ではニワトリの免疫系がウズラの脳細胞を殺してしまうらしく,脳が自己がどこまでかを決めているわけではないとのこと.自己の同一性というのは哲学的なテーマだが免疫系,エイズ,アレルギーといった話題は面白かった.

京都を壊した天皇、護った武士

天皇と歴代の幕府や武士の関係性がわかって面白かった.宮廷での位が権威を図る物差しとして便利だったことが天皇家が滅ぼされなかった理由で有るようだ.京都御所文化遺産としての価値しかないっぽい.

おもてなし幻想

顧客満足度とロイヤリティの相関は低いので顧客に丁寧なおもてなしをするよりもセルフサービスを充実させて顧客が自分だけで解決できるようにしたほうがいいらしいい.ディズニーワールドでの肯定的にお客さんに返答するというマニュアルが面白かった.

ミッシングワーカーの衝撃

ミッシングワーカーという失業率でトラッキングできない人間を初めて知った.ある意味失業率という単一の評価指標だけを重視して労働政策を決めることの危うさを明らかにしているという点で測りすぎに通じるところがあると思う.

世界を動かすイスラエル

世界を動かすイスラエル (NHK出版新書)

世界を動かすイスラエル (NHK出版新書)

  • 作者:剛, 澤畑
  • 発売日: 2020/07/10
  • メディア: 新書

イスラエルを軸にイランやサウジアラビアなどの中東情勢が解説されている.ここらへんの情勢解説はニュースなどの点の解説を聞いてもよくわからず,ある程度の時間軸で推移を解説した線での解説がないとわからなかったのでありがたい.ただこの本に書かれている内容も新しいアメリカ大統領就任に伴って陳腐化してしまうのだろう.

証言 治安維持法

よっぽど共産主義が戦前の日本の体制にとって恐怖だったのだなというのがよくわかる.共産主義が広がる経済苦などの土壌があったのにもかかわらずそうした根本的な問題から目を背けてただただ共産主義を弾圧しようとしていたのは愚かだと思う.そういう意味では現在にも通じる話だとは思った.

臓器たちは語り合う

人間の体が脳を司令塔として臓器はその指令を聞いて働くものだという通説から,臓器同士がメッセージ物質をやり取りして活動するネットワークのようなものだという考えに移り変わりつつあるという面白い本だった.人間の臓器もAPIでやり取りし合うマイクロサービス群のようなものだというふうに考えられ始めているのだろうか.

2020年10月の読書記録

先月は仕事に慣れることに集中していてあまり本を読めなかった.平日の夜や休日などのプライベートの時間は仕事に直接関係しないことの勉強をしたいと考えているものの,そうは言ってられなくて結局仕事に関する勉強に時間を使っていた.後半は少しなれてきたのでこれからもこのような感じで時間を使っていきたい.

技術書編

リーダブルコード

リーダブルコードは二年くらい前にも一回読んだことがある.定期的に読み返したほうがいい本だなと思った.リーダブルコードにせよ先々月読んだリファクタリングにせよコードを書く限り役立つことが多く書いているので.

Infrastructure as Code

Infrastructure as Code ―クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス

Infrastructure as Code ―クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス

  • 作者:Kief Morris
  • 発売日: 2017/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

クラウドでリソースをデプロイするときはCloudFormationなりCDKなりを使ってデプロイするようにしているのでIaCの本を読んでみた.Chefなどのサーバー構成ツールが紹介されていてオンプレサーバーを運用するときの話なのかなと思った.クラウドならばある程度IaCが必要になる前提だった課題はある程度解決されているという意見(これ)があったりもするようだ.

TypeScript実践マスター

最初の方にテストの導入方法が書いていて助かった.Dockerの中でTypeScriptを動かそうとトラブルシュートする間にnodeについても少し詳しくなれてよかった.

ネットワークがよくわかる教科書

ネットワークがよくわかる教科書

ネットワークがよくわかる教科書

これまで読んできたネットワークの本の中でもだいぶわかりやすく感じた.IPとTCPのイメージが湧いた.

エンジニアのためのGitの教科書

最初の方のgitコマンドの説明がユースケースがイメージしやすくわかりやすかった.

その他

自省録

人皇帝と言われたマルクス・アウレリウス・アントニヌスの著作.けっしてまとまりのある本ではなくて断片的な記述もあったりするが何千年も前の本とは思えないほど今にも通じることが書いてある.ストア派の考えなので実践することはだいぶ難しいとは思う.

人間の解剖はサルの解剖のための鍵である

人間の解剖はサルの解剖のための鍵である

人間の解剖はサルの解剖のための鍵である

  • 作者:吉川浩満
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: 単行本

マルクスの言葉からタイトルが取られたらしい.対談や著者の考えなどが色々な分野に対して述べられていて本の中で言及されていた他の本は何冊か読んでみた.おもしろかった.

すばらしい新世界

有名なディストピア小説.生まれた時から遺伝子によって一生の過ごし方が決まっていて階級に分かれており,赤ん坊の頃からの条件付けによって他の階級に嫌悪感すら抱く世界での話.ガンダムSEEDの世界を思い浮かべた.